良い言葉

「足るを知る者は富む」とは、「満足することを知っている人は、たとえ

貧しくても心が豊かであること」という意味の諺です。


『足る』とは「十分であること」や「満ち足りている」という意味で、

「富む」とは「財産がある」とは別に「豊富である」という意味を

もちます。


自分にとって必要なものや持っているものの大切さを知っている人は、

貧しい生活をしていても精神的に豊かであるという戒めの言葉です。


この精神的に豊かというのが肝かと思います。


今、生きている事に感謝をし、物事を大きく捉え余裕を

持った精神でいれるようになりたいものです。