先を読む

6月に入りました。


まだ梅雨入り宣言は出ていませんが、これからは雨、湿度と向き合わなくては

いけません。


今日は朝から爽やかですが、明日以降天気は変わりやすいようなので、どんな

状況にも対応できるよう準備が必要です。


今は携帯を見れば天気予報はタイムリーに確認できる、雨雲レーダーを見れば

何時頃から雨が降るなんて事も分かります。


これらを有効活用すれば、ある程度先を読める、予測できるという訳です。


「先を読んだ行動」って非常に大事で僕も常々それは意識するようにしています。


予測通りにならないのが、この世の中ですが、先を読み予測すると今、自分が何を

しなくてはいけないか?というのが少しだけでも見えてきます。


勉強だったり、日常生活だったり、人との関わりだったり


たとえば 勉強

今、この辺までやってるけど、このくらいまで先に目を通すだけでも次の授業で

理解しやすいかもな


たとえば 日常生活

明日は朝早くから何と何があるから、直前で準備するんではなく、前夜のうちに

準備しとけば朝起きてからバタバタしなくていいな


たとえば 運動

この部分が弱いから、少しずつでも練習しといて、強化しとけば肝心な時にもっと

力が発揮できるようになるな


だとか


もう本当に色々あります。


生きていれば予測通りにいかない事もあるので、そうなった時にも対応できるように

考えておく必要もありますが、まずは先を読むという事からフォーカスしてみると

いいと思います。


行き当たりばったりって、たまにはいい事もあったりするから、面白いのかも

しれませんが、備えあれば患いなしという言葉のように予測して備えておくのは

超大事です。



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

必然