物は考えよう

物事の捉え方について考えてみましょう。

以前ある方から頂いた言葉、それは今でも私の頭に残っています。

『全部を理解しようとしなくていいんだよ。話の3割を自分に落とし込めたら

上出来だよ(笑)野球だったら3割打てば好バッターだろ?その世界で突き詰めた

人でも3割打つのは至難の業だよ。全てが同じでないけど3割聞き取れるようになれば

いいんだよ』 と。

それ以来だいぶ気が楽になった自分がいました。

参考までにあのイチローも4割は打ってないんです。


確かに全部完璧にしようとするから空回りするんですよね。

ここで考えてみた。

う~ん 物は考えようなんです。


いやまだまだ ・ これでいっか

うまくできなかった・よくやったじゃないか

半分しかない・半分もある

失敗した・いい経験になった

これしかない・あるだけ十分

逃した・また来るさ



などなど上げればキリがないです。

要は物の捉え方によって自分の気の持ちようが楽になるという事です。

目標を高く設定する事は非常に素晴らしい事です。でも無理し過ぎていると続かない。

続かないんであれば、その目標に到達する事もできないという事。


であれば、どうしたら楽しく取り組めるか、無理なく受け入れれるのはどのくらいなのか

を理解すればいいという事になります。

楽しく感じるというのは非常に大事だという事に気づかされます。


継続は力なりという言葉がありますが、続くようにするには、物の捉え方を再考してみる

のがいいのかもしれません。

確かに世の中楽しい事ばかりではありませんが、楽しい方が自分からやろうとするし、

やろうとするから続くんですよね。

低く設定するという事ではなく、マイナスもプラスに考えれるようになれば、いいんだと

思います。(楽しく感じれるように)


捉え方が変われば見え方も変わってくる。そう信じています。