文字を読み解く

漢字って普通に読んだり書いたりしているだけであまり

深く考えたことないです。


昨日、親という漢字で面白い解釈を発見しました。


親という字を分解してみます。


「立つ、木、見る」


親は木の上に立って見る となるわけです。


親は木の上に立ってこどもを見守る存在だそうです。


木の上にいるから簡単には降りれない

でも木の上だからこそ本当の助けが必要な時を発見できる

だからちょっとの事では降りていかず、上から見守る

すなわち成長を見守る


という解釈です。


なるほどなぁ 確かにこどもには手を差し伸べたくなる

助けが必要な時にサポートできればいいんであって、

こども自身でいろいろ経験し感じればいい

だから親はとにかく見守る という事なんですね


あまり漢字を深く考えた事はなかったので、そうかあ と

ただただ うなずいてしまいました。






閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

必然