レスリング教室を見学してきました。

今日は先日footismに遊びに来て下さった和久井さんのレスリング教室を見学させて

いただきました。

迫力ある和久井さんの指導の下、子ども達は次々とメニューをこなしていきます。

感じたのは頭、首、手足、そして指先まで体全体にバランスが求められているという事。

それもそのはず、レスリングは相手を投げる、抑え込む、逆に自分は投げられないように、抑え込まれないようにするスポーツです。

そこにはもちろん駆け引きがあるのですが、それに順応できる体感、体のバランスが必要

です。

途中でメニューの説明をしていただきましたが、さすがオリンピアンを指導されていた和久井さん、非常にわかりやすかったです。

footismでも参考になりそうなメニューもたくさんありました。

特に足の指で地を掴むような意識、これは非常に重要です。

足裏には無数の神経が張り巡らされているといいます。

体を支える足だからこそ、足裏の感覚を刺激し運動能力を高めていきたいですね。

これは子どもに限ったことではなく大人でも同じです。


そして印象に残ったのは「楽しさがないと続かないですよ」というお言葉。

そうなんですよね。楽しいと思えないとやろうという気持ちにならない、そして笑顔にも

なれない。

楽しい=笑顔=もっとやりたい=成長 なんですね。


いやぁ本当に勉強になった1日でした。

和久井さん、ありがとうございました‼